ここ数日のぐっときたことの日記(ライブとライブと野球とライブ)

ここ数日は沢山のことがありました。
少し長くなってしまいますが、日記を書きます。



一昨日は、荻窪ベルベットサンで、和太鼓の辻祐さんの企画で、吉田隆一さんと石川智久さんと、フリーインプロと SF映画の曲をモチーフに演奏しました!ピットインで何度も聞いてずっと尊敬していた吉田隆一さんとの初共演となるデュオは、僕の大好きな音世界な感じで、おおおとなりました。
石川さんの強力で美しいシンセにピアノ、タスクさんの力強い和太鼓群、そろい踏みの4人でのインプロもとても楽しかったです。
終演後には石川さんと吉田さんのDJタイムで、色んなかっこよくてまっすぐなバンドを聴いて、ガトーバルビエリで踊って、最後には吉田さんのソロを聴いて、僕はとっても感動しました。


それと、この日は群馬県立高崎高校バスケ部の後輩であり、現在藝大で鼓を打っている中島一樹(いっき)が来てくれて、久々の再会でした!

バスケ部で汗水流した後輩と、今度は音楽をやってて会って、お互い元気でやってて、なんかいいなって思いました。


d0355297_03290410.jpeg

d0355297_03300481.jpeg

d0355297_03292763.jpeg

d0355297_03302643.jpeg




そして、昨日は、中野スウィートレインにて守谷美由貴さんと伊東由季さんとの初トリオ!ギターリストの曲(パットメセニー、ジョンスコフィールド、ボビーブルーム、加藤崇之さん)とベーシストの曲(チャーリーヘイデン、べにすけさん)を主にやって、フリーになったりガッとなったり、とても楽しかったです。

アンコールでは、僕も大好きで大尊敬している加藤崇之さんの"泣いて笑って"初めてやりました。
元々大好きな曲でしたが、リハで初めて弾いた時からずっと感動しっぱなしでした。すごい曲だ。やらせてもらえて本当に嬉しかったです。
帰ってから、加藤さんシューミーさん瀬尾さん小山しょうたさんの泣いて笑って、を聞いたり、ミッシェルガンエレファントとジュディマリのラストライブを聴いたりしました。


d0355297_03332266.jpeg

d0355297_03333806.jpeg



今日は、昼間にはじめてのプロ野球観戦をしました。東京ドームにも初めて行きました!高くて広くて、うおーとなりました!
生でみる選手達の才気と努力の詰まったプレーっていうのは、やはり格別で、試合も大盛り上がりで血が湧きました!楽しかった!


d0355297_03343420.jpeg

d0355297_03351610.jpeg




そして、
夜は新宿ピットインにて、スガダイローさんのソロピアノ"ただ季節は流れていく"で、感動しました。


去年おじいちゃんが死んで、どうしようもなかった時に、救われたというか、何かショック療法じゃないけど、そんな感じで、ダメダメだった気持ちを立て直せたのは、
きっと、おじいちゃんが死んだその日に、たまたまピットイン夜の部のバイトを頼まれて、手伝って、その日のダイローさんのトリオで、あの曲をやってくれたからなんだと思う。
あの曲というのは、今日も、スガダイローさんソロのアンコールで演奏された曲だ。
1月ごとに曲があって、1年で12ヶ月分の曲があって、どれも本当に凄まじい演奏でした。

3月の曲で忘却の彼方に飛ばされた1年の記憶が、アンコールの曲で逆再生されて、それで散り散りになりながらも帰ってきて、って、ライブの終盤にはそんなイメージを持ちました。
すごく、すごく良いライブでした。

前説をしてライブを聴くノイズさん、終演後に片付けをする清志さんや浜津さんを見て、改めてかっこいいなって思いました。


ここ数日はすごく充実していました。
疲れたけれど、なんだから力湧いています。




[PR]
by tokutarogt | 2018-04-16 03:27 | 雑多な日記 | Comments(0)